スタッフブログ

STAFF BLOG スタッフブログ

小川2019/09/16

『海を渡る』Part2

思いも寄らない蝶、 (⋈◍>◡<◍)✧♡ 激写しました。

 

 

 

 

 

朝夕は、一頃より過ごしやすくなりましたが

 

皆様お元気でしょうか。

 

本社・工務課ロートル小川です。

 

 

 

 

今回は、夏休みに「絶景・涼景コバルトブル-」を求めて

 

出かけた時の、興奮覚めやらぬ事件です。

 

 

 

 

 

8:06 新幹線で「サァ-!」出発進行。

 

 

 

 

 

ホームは御家族連れが目立ちました。

 

 

 

 

JR名古屋駅でJR中央本線に乗換えて

 

 


9:00発 しなの5号。

 

 

 

10:53 地味な!? 塩尻駅に無事到着しました。

 

 

 

 

最初の目的地はCMのロケ地にもなった

 

水と緑が共存する下諏訪町にある、ハ-ト型の湿原。

 

天然ク-ラ-の恩恵を受けて、とても清々しい~ィ!!

 

 

 

 

好きなシシウドを前面に入れた全景。

 

大きな植物の割に、花は一つ一つが小さいので

 

遠くから見ると華やかさはないように見えます。

 

しかし、近くで見ると花火を見ているようで、綺麗です。

 

 

 

 

 

 

ノアザミで休息する蝶、ツマグロヒョウモン。

 

 

 

 

 

 

通称”赤とんぼ”でお馴染みのアキアカネ(秋茜)。

 

 

 

 

 

 

木道で植物や昆虫を観賞しながら散策して行くと・・・

 

 

 

 

・・・突然“ときめき”を感じた瞬間。

 

 

 

 

始まったばかりの長閑な『夏旅日記』に

 

突如フリ-ズを発生・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

再起動したら(覚えておられる方もいらっしゃると思います)

 

昨年12月の、出遭うことが出来ずトボトボと家路のブログ『海を渡る』でした。

 

 

 

 

 

その『海を渡る』Part2。

 

 

 

 

そのことを知ってか知らでか、

 

今この湿原に可憐な姿で佇んでいるのは

 

“赤い糸で結ばれた・・・”みたいなものなの?

 

 

 

 

春から夏にかけて南から北へと長距離移動。

 

「海を渡る日本唯一の蝶」

 

として知られるアサギマダラ(浅葱斑)。

 

 

 

今、まさにその”秋の南下”に遭遇!!

 

ビックリ・ポンです。

 

 

 

高まる胸の鼓動を抑えながら、慎重に寄り添い・・・

 

(ア~ァ言葉が出ない~!!)

 

 

 

 

 

 

息を殺して「羽を広げて」と念じ、

 

「飛び去らないで」と祈りつつ、
シャッタ-チャンスに途方もない長さを感じました?

 

 

 

 

 

黒と褐色の模様がステンドグラスを思わせる

 

“サラシナショ-マ”が透けて見えるほど

 

薄い浅葱色の紋様の羽は

 

見事・観事・美事だネェェ??。

 

 

 

 

素晴らしい!

 

感謝と拍手を送りたい。

 

ありがとう。パチパチィ~。

 

 

 

 

『海を渡る』。

 

Part3にも挑戦したくなりました。

 

 

 

 

隣町の山頂で休憩をする、渡りの中継場所

 

「ヨツバヒヨドリの花壇」での優雅な舞。

 

 

 

 

コレで、完結したいものです。

 

 

 

 

今回の出逢いの衝撃のおかげで

 

残り半分以上の「絶景・涼景コバルトブル-」は

 

“うわの空”でした。

 

 

 

 

季節の変わり目、「夏バテは秋に出る」と申しますので

 

皆様くれぐれもお気を付けください。

 

 

 

では、ごきげんよう。

 

CANTACT 080-200-3158 どうぞお気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせはこちら