スタッフブログ

STAFF BLOG スタッフブログ

木内2019/06/06

体調に気をつけなければ

アジサイも咲き始め、梅雨のシーズン到来ですね。

 

 

 

 

湿度も高く気温差の激しい今日この頃ですが

 

皆様は体調などお変わりありませんか?

 

 

 

弊社は、毎年6月~8月にかけて健康診断の時期を迎えます。

 

ちなみに私は、今回8月に受診致します。

 

 

 

従来の胃の検査では、バリウムを飲みX線撮影を受けていました。

 

しかし昨年から「内視鏡検査も対応可能」ということで

 

私は口ではなく鼻から内視鏡を入れる胃の検査をお願いしています。

 

 

 

去年、隣で胃カメラ検査を受けていた人は

 

どうも口からの検査みたいで

 

とても苦しそうな声、というか嗚咽が聞こえ・・・

 

いかに鼻からの検査が楽か!!を教えてあげたかったです。

 

 

 

 

年代的にもいろいろ身体の不調が出てくる昨今。

 

昨年の検診は生涯2回目の胃カメラでした。

 

 

 

 

 

 

その後、今年始めに人生初の大腸内視鏡検査を受けました。

 

周りからは

 

「検査前の食事や腸内洗浄に至るまでのプロセスがとてもつらい」

 

と脅かされ、恐る恐る受診した次第です。

 

 

 

 

 

 

まずは検査予約の日程を決め、

 

次に看護師さんから検査についての説明。

 

それから、大腸検査食なるものを2種類から選択。

 

 

 

 

 

 

検査前日の食事の摂り方など細かな説明を受け・・・

 

たはずですが、正直言ってあまりよく覚えていません。

 

 

 

前日の昼食はゼリー補給とウエハースが2枚。

 

ゆっくり大切に味わいます。

 

 

 

 

 

 

 

が、当然すぐにお腹がすいてきます。

 

 

 

間食として用意されたのは、グ○コのビスケット4枚。

 

これも1枚1枚を大切に食しました。

 

 

 

夕食は豆腐ハンバーグとお味噌汁、あとはおかゆをいただき

 

 

 

 

 

少し休憩をして寝床につきました。

 

 

 

今回の経験で食べ物のありがたさや大切さを

 

改めて感じさせられました。

 

 

 

 

当日は午後2時から検査。

 

ということで、朝は当然何も口にできません。

 

病院の個室ではなく自宅で準備に取り掛かりました。

 

 

 

 

経口腸管洗浄剤のパックを取り出し

 

水をA剤側の★のラインのところまで給水。

 

 

 

 

 

 

 

それからパックを手で潰しA/B剤を良く混ぜ合わせます。

 

その後2Lラインまで水を補給し良く押し混ぜ

 

薬が全部溶けたらようやく2Lの腸内洗浄液が完成です。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、これからが本番です。

 

 

 

飲み方としては、全体を3セットに分け

 

①最初は200mlを15分かけて1杯。

 

②次に再び200mlを15分かけて1杯。

 

③最後に普通の水200mlを10分かけて1杯。

 

 

以上を1セットとし、これを3セット繰り返します。

 

 

 

トータルで1800mlを飲むことになります。

 

一升瓶一本分ですよね。

 

 

 

 

お酒好きの方なら平気な方もいるかもしれませんが

 

ただの水分では大変ですよ。

 

 

 

 

途中でぎゅるぎゅるとお腹がザワツキだし

 

トイレへ駆け込みます。

 

 

 

 

この繰り返しで腸内がきれいになったところで検査を受けました。

 

 

 

 

 

 

検査中は、リアルタイムの腸内画像を見ながら

 

医師にいろいろ説明を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

S字結腸と横行結腸の2箇所に

 

3~4ミリ程のポリープがみつかり

 

即切除していただきました。

 

 

 

 

 

 

(検査内容と一切関係ない写真が続きます。最後は、とある現場のトップライトです。)

 

 

 

 

 

後日、検査結果を聞きにドキドキしながら行きました。

 

 

 

 

幸い切除した物は悪性ではなく、

 

「癌化の可能性は比較的少ない」

 

とはいうものの、要経過観察という事で

 

また2年後の受診と相成りました。

 

 

 

 

まずは一安心。

 

 

 
ですが、今後も注意深く

 

体調管理に気を配らなければと思いました。

 

 

 

 

今回受診してみて、想像していた程は辛くない検査でした。

 

きっと先生の器具操作が上手だったのだと思います。

 

 

 

 

 

このブログを読んで、大腸内視鏡検査に不安を抱かれている方々が

 

少しでも受診してみようかと思っていただければ幸いかと存じます。

 

 

 

 

最後まで長々とお付き合い頂きありがとうございました。

 

それでは、また9月にお会いしましょう。

 

 

CANTACT 080-200-3158 どうぞお気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせはこちら