スタッフブログ

STAFF BLOG スタッフブログ

専務2019/05/09

新元号とゴールデンウイーク

専務の荒川明です。

 

「令和元年」初のスタッフブログ。

 

元号も変わり、気分も新たに書かせて頂きます。

 

 

 

 

さて、平成の世が終わり、令和に改元されました。

 

 

 

 

 

色々なことがあった平成の時代ですが

 

その最初の出来事・・・

 

昭和から平成への改元は、今でも鮮明に記憶しています。

 

 

 

 

あれは高校2年生の1月のこと。

 

 

 

 

サッカー部の試合で小坂井高校へチームメイトと行った帰りに

 

豊橋行きの飯田線に乗りました。

 

 

終点の豊橋駅に到着し、改札を出た正にその時に

 

「天皇崩御」の号外を受け取りました。

 

 

その時初めて天皇が亡くなると

 

「崩御(ほうぎょ)」という言葉を使うことを知りました。

 

 

日本中が喪に服し、テレビではバラエティー番組が差替えられ

 

しばらくは、普段当たり前だった「笑い」が巷から消えました。

 

 

今回のように改元の新年を祝う!!

 

という雰囲気ではまったくありませんでした。

 

だからこそ、このような改元になったのだろうと思いました。

 

 

 

昭和から平成、令和となり

 

次の改元がどのようなものになるのか・・・。

 

令和の次の元号まで健康で暮らしたいと思いました。

 

 

 

 

少し堅い内容になってしまいましたので

 

ゴールデンウイーク中の出来事をひとつ。

 

 

 

ここ数年、GW中の恒例行事となっているタケノコ掘り。

 

中学時代の同級生の実家が所有する、新城市内の竹林へ行ってきました。

 

 

 

 

 

採りに行く時期は、毎年決まってGW中。

 

豊作の年もあれば、全然採れないという年もあり

 

現地に行くまではどれぐらい採れるのか不安のまま出発しました。

 

 

 

今年は雨降りの後に行ったのが幸いしたのか

 

「雨後(うご)のタケノコ」の如く

 

去年と比べあまり竹林を探し回らなくても

 

数本見つけることができました。

 

 

 

 

 

 

竹林と言っても平らな土地ではなく、山の斜面なので

 

斜面を登ったり下りたり、結構体力を使います。

 

採れない年は、疲労倍増です。

 

 

 

毎年タケノコ堀りをしているのですが・・・

 

 

 

 

 

掘り方はまったく上達しません。

 

 

 

今年は適度な大きさのタケノコが採れました。

 

 

 

 

タケノコを見つけることに熱中してしまい

 

自宅で消費する以上に採ってしまう時もありましたが

 

今年は、ほどほど適量(笑)です。

 

 

 

とても長いゴールデンウイークでしたが

 

みなさんはいかが過ごされましたか?

 

 

 

次回のブログはお盆の頃にお邪魔させていただきます。

 

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

 

CANTACT 080-200-3158 どうぞお気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせはこちら